レーシック福岡

レーシック福岡のおすすめ眼科と費用まとめ【2019最新】

ホーム » 福岡レーシックのおすすめ眼科は?

福岡レーシックのおすすめ眼科は?

看護師レーシックを福岡でするなら眼科選びは重要です。
 

もちろん評判を調べることも大切ですが、自分がどういった方法を求めているかで分かれます。
 

このサイトでは福岡のおすすめレーシッククリニックの紹介と、選ぶポイントをしていきます。
 

レベルの高い施術や福岡で一番安いレーシック費用など詳しく紹介します。

 

品川近視クリニック

レーシックを受けた女性
 

品川近視クリニックは、日本ではレーシック業界の最大手のクリニックです。
 

症例数は世界クラスの100万以上で、地方の小さな眼科だと数万症例でも多い方なので、品川近視クリニックがどれだけたくさんの人に指示されているかを表しています。
 

評判も高く、機器の専門技師の資格をもった先生方が揃っています。
 

最高の機器

こればかりは、どこの病院も最高峰と謳っていますし、実際に悪い噂がない場合は最高の機器が揃えられていると思います。
 

ただ常に最新機器を随時導入しているのが、品川近視クリニック福岡院のレーシックです。
 

アマリスZレーシックという、七次元の世界をみる機器もある品川近視クリニック。アマリスZレーシックはただのレーシックではないので、まさしく最高級のレーシックと言えるでしょう。
 

低価格

低価格のレーシックでは、やはり品川近視クリニックか新宿近視クリニックのレーシックでしょう。広告費を削って低価格にしたそうです。HPと口コミと紹介、それを裏付ける機器やサービスには感嘆いたします。
 

アフターケア

レーシック眼科医神戸神奈川アイクリニックのレーシックは生涯保障です。その分最初のお値段が少々かかりますが、「生涯」は大きいです。だいたいどこの病院も数年、長くて十年なのですから破格といえるのではないでしょうか。
 

コミニュケーション

東京近視クリニックは、少数精鋭の謳い文句のとおりに対応してくださるそうです。
 

選ぶのは自分

ここに挙げたのはほんの一例です。実際の病院とは違うと感じる方もいらっしゃるでしょう。ですので最終的には是非、ご自分でお確かめになって決めてください。
 

ICL(眼内コンタクトレンズ)も受けられる

品川近視クリニック福岡院では、レーシック不適応の方には、ICL(眼内コンタクトレンズ)をおすすめしています。
 

ICLは値段が高いというデメリットはありますが、合併症が出にくいというメリットがあります。
 

レーシックよりも倍近い料金になりますが、他に安全に視力回復できる手段のない方はICLも考えていいでしょう。
(参考:福岡のICLクリニック5選
 

福岡のレーシック眼科

福岡の眼科医
 

品川近視クリニック 福岡院

福岡県福岡市中央区天神2-7-21 天神プライム4F
・品川イントラレーシック14.7万円
・アマリス750Zレーシック29.7万円
・ICL(眼内永久コンタクトレンズ)46.3万円~
 

望月眼科

福岡県福岡市南区老司4丁目1-45
・アイデザインレーシック26万円
・イントラレーシック24万円
・カスタムラセック26万円
・眼内コンタクト(ICL)60万円
 

大島眼科病院

福岡市博多区上呉服町11-8
・ウェーブフロントレーシック27万円
 

岡眼科 天神クリニック

福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル10F
・アイレーシック23.5万円
・アイデザインレーシック30万円
 

福山眼科

福岡県福岡市東区土井1-8-37
・レーシック費用公開なし
 

川原眼科

福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
・レーシック費用公開なし
 
 

レーシックをおすすめする理由

レーシック以外にも視力(近視)の矯正方法はあります。
 

眼鏡やコンタクトレンズも、「矯正手段」の一つですし、現在レーシック手術を主に行っている視力矯正専門の眼科は、レーシックという技術が生まれる前から視力矯正については眼鏡やコンタクトレンズ以外の視力矯正について研究を重ねてきました。
 

めがね女性
 

ただし、今レーシックが注目されている程には、当時の視力矯正術は脚光を浴びることがなく、知る人ぞ知るものだったような印象というのはあります。
 

コンタクトレンズすらも、なかなか使うに踏み切れないという人がいた時代ですから、大抵の人は眼鏡を作ることを選択し、わざわざ遠くの視力矯正眼科に通うという人はあまりいませんでした。
 

それが今ではレーシック手術のために、片道数時間の道のりをわざわざ通う人もいる時代ですね。コンタクトレンズも、以前に比べてかなり普及しましたが、今はレーシックがそのあとを追っているという状況です。
 

レーシックはコンタクトや眼鏡よりも優れている?

 

眼鏡やコンタクトレンズは、手術ではありませんから不便は感じる局面もあるかもしれませんが、みなさん安心感を買っているという感覚でレーシックではなく眼鏡・コンタクトレンズを選択しているのではないでしょうか。
 

もし金額面だけを考えた場合には、すでに、一生分の眼鏡やコンタクトレンズの費用よりも、1度のレーシック手術の方が安いかもしれない時代が来ています。
 

それでもレーシックを選択したくないという方の意見としては、やはり眼鏡やコンタクトレンズの方が安心と思うから、というのが大きいと思います。
 

眼鏡やコンタクトレンズと比べたときにレーシックにあるメリットは、眼鏡やコンタクトレンズを必要としない生活を始められることが第一にあげられます。
 
 

レーシックは老眼も解決できる!

 

また40代くらいから老眼に悩む人は増えてきます。老眼はある意味で避けて通れないことで「もう歳なので仕方ないですね」とあきらめられていました。
 

ですが老眼レーシックを受ければ、近くも遠くも快適に見えるようにすることは可能です。老眼鏡が必要ない生活は素晴らしいものです。今は老眼は諦めるのではなく、治せる時代になりました。
 

加齢により水晶体のピント調整力が低下してきて老眼になるのですが、遠くにも近くにもピントが合うレンズを入れる方法や、片眼を遠くにピントを合わせ、もう片眼を近くにピントを合わせる方法もあります。
 
 

レーシックでは運動の際のストレスもなくなる

 

レーシック眼科医それから、眼鏡ですと運動に不便が生じたりもします。(レーシックでも運動は避けなければいけない期間がありますが)
 

コンタクトレンズは、眼球に常に負担をかけることは確かなので、眼鏡よりも眼病を引き起こすリスクを負っていますし、レンズのケアにも毎日のように一定の時間やコストが発生しますね。
 

またレーシック手術は失明のリスクはほぼないと言っていいので、もちろん手術前によく検討する必要はありますが、自分に適しているようであればその手術自体によって突如視力を失うというような心配は無用です。
 

視力に問題がなければ普段は裸眼で生活し、おしゃれのために眼鏡をかけるということはあるかもしれませんし、カラーコンタクトというものもファッションのためにあるようなものですね。
 

これが視力矯正用アイテムとしておしゃれと無関係に毎日の日常生活で着用しなくては支障が出るというのと、おしゃれをしたいときだけつければいいというのでは気分もだいぶ違います。
 

視力に不満のない生活というのは、すでに眼鏡やコンタクトレンズをつける習慣のある人でもできれば手に入れたいものだと思います。
 

視力回復技術の中で今もっとも安全で安価で、裸眼のまま過ごせるのがレーシックなのです。
 

レーシック手術のリスク

レーシック手術を受けることで、視力が改善されるとコンタクトや眼鏡が必須な生活が終わりますが、デメリットがないわけではありません。
 

まずその手術により程度の差こそあれ合併症を引き起こす可能性があること。
 

次にレーシック手術を受けた人は、パイロットになる資格がないこと。(逆に裸眼での視力が一定以上であることだけが条件となっている職業にレーシックのおかげで就けた、というパターンもありますが)
 

そして、生命保険に加入する際に、レーシックの手術経験があるということが過去のリスクの一つに数えられることです。
 

ハロ・グレア

"ハロ・グレア"とは、まず"ハロ"が夜間に光がにじんで見える症状を指して、"グレア"が光をまぶしく感じる症状の事を指しています。
 

ハロ・グレアが起こっているときは夜間の運転などは控えてください。
 

いずれも術後の不安定な時期に発生する場合もあのですが、時間の経過と共に収まるケースがほとんどです。
 

ドライアイ

合併症というのはある病気が元で別の病気に発展することを指す事が多いのですが、ここではもう一つの意味の「手術後にそれが元になって起こる病気」のほうを指し、説明します。
 

まずその始まりとされるのはドライアイでしょう。極端に目の表面が乾いてしまうという眼病です。実際「レーシック」手術後3ヶ月以内にドライアイを訴える患者さんは多いです。割合では30%と言われています。
 

目の表面の潤いは、涙腺から分泌される涙で補われますが、角膜そのものにも異常があれば潤いが保たれなくなります。眼球表面に一定の潤いがないことは他の眼病の原因にもなりますので、ドライアイは他の眼病との合併症への第一歩ともいえるでしょう。
 

一時的なドライアイのみで済めばまだ良いのですが、これが長引いたり、目の表面の乾燥が原因になって他の眼病を併発する恐れがあります。慢性的なドライアイとなると、常に目が乾いて感じられ、痛みも伴ったり、視界が霞んだり、光をまぶしく感じたりします。
 

結果的にレーシック手術を受けて視力矯正をする前の生活より、目に関する悩みが増える結果になってしまうかもしれません。
 

それから角膜感染症のリスクもあります。こちらはドライアイほどは割合は高くなく、レーシック手術5000件につき1件ほどです。

角膜感染症はドライアイからも発症することがありますし、手術の際に衛生面に問題があれば細菌感染によりすぐに発症するかもしれません。
 

このような杜撰な医療行為の被害に遭わないためにも、手術を受けるかどうか、どの医師にかかるのかなどを事前によく考えておく必要があります。
 

近視の戻り

レーシック手術を受けて1.5の視力になったのに、だんだん下がり始め0.7まで落ちてしまうということがまれにあります。
 

その原因は眼の状況や個人差はあるものの、近視化がもともと止まってなかったためとも言われています。もしもの場合はアフターケアで再手術を受けることになります。
 

レーシック後の頭痛の原因

レーシックの手術受けた後、数日してから肩こりがひどくなり、頭痛が起こるようになった例はあります。
 

レーシック後の頭痛や肩こりの原因は、眼科疾患も考えられることですが、首の前側の筋肉を押すと頭痛が再現されるような場合は、筋肉の緊張が原因の頭痛と考えられます。
 

つまりレーシックの手術を受けることで、目が見えすぎるようになったこと、またかなりのまぶしさから首周りの筋肉のバランスが崩れ、首の前側の筋肉が強い緊張を起こしてしたことから起こると考えられます。
 

肩こりは、視力が関係している場合があります。しかし急激に視力が上がることは、眼だけではなく、身体にとって負担がかかる場合もあります。
 

急激に視力がよくなったことに身体がついていけず、一時的にひどい肩こり、吐き気や頭痛がおこったことが原因です。
 

これは日にち薬で、数週間ほどたてば気にならなくなることがほとんどです。

 

最近の投稿